それぞれの体験談一覧

ヘルニア・腰痛による仕事への弊害体験記まとめ

ヘルニア発症により、現在の仕事を続けるのが難しくなった方や、闘病の末に職場復帰された方、家庭への影響が大きかった方など、様々な体験記を紹介しています。闘病中で辛い思いをされている方の支えになりましたら幸いです。

記事を読む

ヘルニアになっても店長として頑張ってきました。 40代男性 スーパーの店長

40を越えてからはなるべく重いものを持つのは避けていましたが、無理がたたりヘルニアを発症。休むわけにもいかず、痛みに耐えて仕事をしていました。軽いヘルニアだったので、今では回復して仕事を続けることができ本当によかったです。

記事を読む

結婚前に夫が椎間板ヘルニアになった時は、不安でたまりませんでした。 当時26歳パン職人の妻

現在は夫ですが、付き合っていた当時に彼が椎間板ヘルニアになってしまい、とても不安に感じていた頃の話です。当時25歳の彼は、全国的に有名なパン屋のパン職人として働いていました。付き合い初めた時は、ちょうど店長に昇進したばかりで、若手のなかで一番早く店長に上がったということで自慢の彼でした

記事を読む

ヘルニアがこんなに辛いのは自分だけ? 30代男性 自動車整備業

自動車整備士として10年働いた頃に、椎間板ヘルニアになった時の話です。整備士の仕事はなかなかに過酷で、50kgはある重いものを一人で持ち上げたり、長時間中腰で作業しなければならないことも多々あります。

記事を読む

ヘルニアの苦しみが理解されず、辛いです。 40代男性 トラック運転手

トラックの運転手は、腰痛に悩んでいる人が多い職業ですが私もその内の一人です。30代中頃で事業に失敗し、会社を畳んだ後は長距離トラックの運転手としてかれこれ10年は勤めています。働き始めた当初は、体力には自信があったので腰痛に悩むこともなかった

記事を読む

椎間板ヘルニアになり、仕事を辞めタクシー運転手に転職しました。 40代男性 事務職

私は今年で44歳、現在は転職してタクシードライバーをしています。椎間板ヘルニアを発症したのが38の時。そして治療に4ヶ月間、再就職活動に半年かかり、40歳になるぎりぎり手前で再就職をはたしました。当時は、デスクワークが主な仕事で重たいものを持つと言えば書類の束程度でした。

記事を読む

ヘルニア発症から退職。焦った結果、一度目の転職は失敗しました。 20代男性 接客業

私は今年で29になります。性別は男です。大学卒業後から勤めていた会社で、仕事内容は伏せますが接客業をしていました。接客業と言っても商品の搬入などで意外と力仕事が多く、学生時代から腰痛もちの自分は、27の時に椎間板ヘルニアになってしまいました。

記事を読む

夫がヘルニアになり、今後が不安。 30代男性の妻 製造業

現在32歳の夫は、製造業の会社に勤めており、拘束時間が長く、いつも朝早く夜は遅くまで働いていました。残業代がきちんと出る会社だったため、高いお給料に感謝していましたが、本人は睡眠時間が短くて疲れがとれずに辛いとこぼしていました。

記事を読む

ヘルニアになり休職中。不安で転職に踏み切れない。 30代男性 建築業

高校卒業後から仕事を転々としてきました。選べる職種と言えば肉体労働の仕事になるので、腰痛は常にひどかったです。ある日、いつもと違う痛みが走り、腰がすごく重くて立っているのも辛い程でした。仕事に出るのも困難で、しばらく休みをもらい病院へいくと椎間板ヘルニアでした。

記事を読む

管理人自身のヘルニア闘病記

椎間板ヘルニアを発症してから、無理して仕事を続け休職。辛い療養生活を耐えて転職を決断したまでの体験談です。ヘルニアや怪我が原因で、転職・退職を検討している人への道しるべになれれば幸いです。

記事を読む